永遠の0を読んで!

ようやく永遠の0を読み終え 戦争について考えることが多いこの頃です。
 
明日からゼロ戦を作った堀越さんの『風立ちぬ』が公開されます。
宮崎監督が自分の作った映画で初めて泣いたという作品です。
観てみたいです。

小説では違う視点でゼロ戦について書かれています。

戦争中、戦闘機に乗っているにも関わらず生きて家族の元へ帰りたいと願っていた主人公が
高性能のゼロ戦を作った人を恨むというところがあります。

戦争中に活躍した飛行機の性能が悪かったら、もしかしたらもっと早く戦争が終わって
いたのかも・・と思うと複雑な気持ちになります。


あの時代を生きた人達や戦争で亡くなられた方々が、今の日本を見たらどう思うのかな?
自分達が命懸けで守ってきた国で皆が幸せに暮らしていると喜んでくれるでしょうか

一人一人が平和な世界に感謝して暮らしていきたいですね
スポンサーサイト

夏の高校野球 予選始まる!!

高校球児の暑い夏が始まりました。
3年生にとっては最後の夏・・

一試合一試合にドラマがあり、
どんな試合でも観ている者の心が熱くなります。

エラーによって負けたり得点のチャンスに打てなかったり
悔しい気持ちがこちらに伝わって胸が痛みます。

反対に11人で勝利したチーム・逆転サヨナラで勝利したチームなど
嬉し涙も爽やかです。

あの年頃の男の子の涙なんて、スポーツでしか見られないですよね


今、清原・桑田のPLコンビに星稜の松井、松坂・ダルビッシュのメジャー投手など
高校時代に甲子園で活躍した懐かしい映像がCMで流れています。

特に今の清原さんからは想像出来ないくらい可愛い高校生の男の子です

今も昔も変わらず、甲子園目指して頑張っている高校球児すべてに『頑張れ~』


夏の日差しでお肌もダメージを受けています
 熊笹妖精パックでシミ対策を!

久々に中田選手のプレーを観て改めて感動!

サッカーコンフェデ杯がブラジル優勝で幕を閉じました。

日本代表にもW杯1年前に様々な問題点を与えてくれて
とてもいい大会だったと思います。 


思い返せば今から15年前、初めて出場した1998年フランスW杯の
最終予選で観た中田選手に驚き、それから代表をずっと応援しています。

イタリアのペルージャでの活躍も同じ日本人として誇らしかったのを覚えてます
改めて観てみるとイタリアでのプレーは身体の強さ・パスの精度・
位置取りの上手さが際立っていました
ドリブルでのスピードがあんなに速かったなんて当時気付かなかった
屈強な外国人選手を薙ぎ倒して走ってます

ドイツW杯後の突然の引退は衝撃でした
願わくば今の代表と一緒にプレーしているのを観たかったな~


でもサッカーだけでなく様々な分野にアクティブに活躍している中田選手に
これからも期待しています

またいつかユニフォームを着て戻ってきてくれるのを待ってます